• ホーム
  • タミフルや予防注射の有効性とエボラ出血熱

タミフルや予防注射の有効性とエボラ出血熱

インフルエンザは飛沫感染でうつります。
そのため、予防にあたってはウガイや手洗いが重要視されていますが、予防注射やタミフルを飲むことも有効であると言われています。
ただし、予防注射はインフルエンザすべてに対応することはなく、型が違えばかかってしまいます。
また、タミフルもインフルエンザの型が違えばインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が減ると言われています。
万能な予防策が無いのが現実ですが、それでもウガイ、手洗いを基本に予防注射などで多くのインフルエンザウイルスを防ぐことはできます。
予防の方法が確立されているインフルエンザウイルスに対してエボラウイルスは同じ飛沫感染と言われていますが感染を防ぐのがとても難しいようです。
エボラの意味はエボラ川で発見されたからと言われていますが、日本ではエボラウイルスによる大規模な発症はありません。
エボラほどの感染力があるインフルエンザウイルスですが、対応を間違えなければ被害も少なくて済みます。
インフルエンザウイルスを防ぐためにはウガイ手洗いの他に湿度を上げてウイルスが動きにくくすることも有効です。
インフルエンザウイルスが冬から春にかけて大幅に広がるのは湿度が影響しているとも言われています。
そのため、家庭や職場で加湿器を使って湿度を上げておくことはインフルエンザウイルス予防に大変効果があると言われており、さらに空気清浄機も利用すれば効果が一気に高まると言われています。
また、インフルエンザにかかった場合はすぐにタミフルやリレンザを利用して感染を広めず、また体内での増殖を防いで症状を抑えることが大事です。
インフルエンザはエボラに比べて対処がしやすいので落ち着いて行動することが重要です

関連記事
インフルエンザの潜伏期間は何日?治療法は? 2020年02月14日

12月から3月頃に流行しやすい感染症であるインフルエンザは発症すると38度以上の高熱、関節痛や筋肉痛など全身症状が引き起こります。その後鼻水や喉の痛み、頭痛などの局所症状が見られ、乳幼児や高齢者、妊婦といったハイリスク群と呼ばれる人は肺炎や脳炎を合併して重症化しやすいと言われます。インフルエンザは発...

札幌でのインフルエンザの流行状況とタミフルの利用 2020年01月15日

札幌ではインフルエンザの流行は全国での流行とほぼ同時期の年末から年始、2月ごろまで続く事が多いようです。インフルエンザは寒いから流行すると考えられがちですが、実際にはウイルス感染なので寒さよりも乾燥していることが重要です。インフルエンザの流行状況を見ていると1年を通じて感染が広がるということはなく、...

豚インフルエンザにはタミフルが有効!飛沫感染に注意 2019年12月11日

インフルエンザウイルスは普通は同じ種類の動物同士で感染しますが、豚・鳥・人の間で感染することもあります。特に豚は、人や鳥のインフルエンザウイルスに感染しやすいことが知られています。豚インフルエンザは豚の間で流行する病気で、発熱や咳や鼻水など、人間の風邪とよく似た症状を引き起こします。重症になり肺炎を...

インフルエンザにタミフルが必要と言われる理由 2019年09月05日

インフルエンザの治療にはタミフルが必要と言われます。タミフルは一般的に錠剤であり、効能はウイルスの増殖の阻害です。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が認められていますが、それは発症期間だけではなく、感染前から効果が認められています。そのため、インフルエンザの治療に使われる以外に予防に...

鳥インフル感染にタミフルが効くとは限りません 2019年10月19日

鳥インフル感染は国内ではあまり心配しなくてもよいように現場で対応してくださっていますが、鳥インフル感染に敏感に反応してタミフルを飲むという方が居るようです。しかし、鳥インフル感染にタミフルが効果があるとは限らないので鳥インフルが近くで発生したとしても国や自治体の指示をまずは待っても良いようです。タミ...