• ホーム
  • 肺炎球菌ワクチンとタミフルの併用とエボラ出血熱

肺炎球菌ワクチンとタミフルの併用とエボラ出血熱

米国では70%に上る肺炎球菌ワクチンの接種率は、日本においてはわずか10%台です。
インフルエンザが流行すると、肺炎球菌による肺炎にかかりやすくなっていると言われています。
新型インフルエンザによる死亡者の平均年齢は31歳で、そのうちの30%を超える割合で肺炎球菌の肺炎を合併しています。
アルゼンチンのデータによると、199人の新型インフルエンザの感染者の中で、重症39人、軽症者160人。
この199人の3分の1には肺炎球菌の検出が見られ、軽症者からは25%、重症者からは56%の割合で検出されています。
6歳から55歳の感染者を対象にすると重症化してしまうリスクは、肺炎球菌が同時感染した場合では125倍にも上るとのこと。
もともと肺炎は日本人の死因の第4位になっています。
今の時点で肺炎球菌ワクチンワクチンは自由診療の半ニアではありますが、重病化を防ぐためには不可欠であると考えられ始めています。
肺炎球菌ワクチンワクチンは一度の接種で5年は有効とされています。
インフルエンザのワクチンにタミフルなどがありますが、それによってもし感染しても軽度で済むとされています。
タミフルのようなインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンワクチンを併用することも勧められています。
このタミフルのような新型インフルエンザワクチンとエボラ出血熱は関係があり、ワクチンとして有効ではないかと考えている人もますが、エボラ出血熱は有効性が高いワクチンは今のところ作られていません。
抗インフルエンザ治療薬「アビガン錠」の実験的な投与で完治したとの話は出ています。
タミフルやイナビルなどのように「ノイラミニダーゼ阻害薬」ではなく、インフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼの阻害と複製の阻止で効果を上げている違いがあります。
エボラ出血熱はアビガン錠で効果が期待できるところまでわかってきています。

関連記事
インフルエンザにタミフルが必要と言われる理由 2019年09月05日

インフルエンザの治療にはタミフルが必要と言われます。タミフルは一般的に錠剤であり、効能はウイルスの増殖の阻害です。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が認められていますが、それは発症期間だけではなく、感染前から効果が認められています。そのため、インフルエンザの治療に使われる以外に予防に...

鳥インフル感染にタミフルが効くとは限りません 2019年10月19日

鳥インフル感染は国内ではあまり心配しなくてもよいように現場で対応してくださっていますが、鳥インフル感染に敏感に反応してタミフルを飲むという方が居るようです。しかし、鳥インフル感染にタミフルが効果があるとは限らないので鳥インフルが近くで発生したとしても国や自治体の指示をまずは待っても良いようです。タミ...

三重県で発見のタミフル耐性ウイルスと感染防止対応 2019年08月11日

インフルエンザはウイルス感染によるものであるということから、どうしても抱えてしまう問題があります。それはウイルスが治療薬に対して耐性を獲得してしまうことがあるということです。タミフルはインフルエンザ治療に標準的に用いられる薬となっていますが、これに対する耐性ウイルスの発生がしばしば問題となってきてい...

タミフルとシンメトレル 2019年07月27日

インフルエンザに効く薬は、現在5種類あります。インフルエンザは人の細胞内で増殖し、多くのインフルエンザウイルスが鎖のようにつながっています。しかしつながった状態では、細胞の外に出られないため、ノイラミニダーゼという酵素がハサミの役割をして鎖を断ち切ります。タミフルには、このノイラミニダーゼの作用を阻...

タミフルさえあればインフルエンザは怖くない? 2019年07月12日

インフルエンザにかかったとしても、タミフルのような優秀な抗インフルエンザ薬があるので大丈夫だと思っているひとも多いでしょう。タミフル以外にも、リレンザなどたくさんの種類がありますし、インフルエンザの症状である40度以上の発熱であったり関節痛、頭痛、せきなどがひどくなっても重症化はしないだろうと気楽に...